過食が肌荒れを引き起こす? 原因と対策について

過食が肌荒れを引き起こす? 原因と対策について

過食を繰り返していると、体調不良を招いたり肌荒れの原因を作ってしまうことがあります。
なぜ、過食が肌に悪影響を及ぼすのでしょうか? 原因を見極めるためのヒントや、過食を防止する方法についてご紹介します。

過食をしてしまう理由を知るヒント

過食が過ぎると、おなかを壊したり体重が増加してしまったりと、健康にも美容面でもメリットはありません。
それなのに、過食が癖になってしまっているという人は、一体何が原因なのでしょうか?

自分がなぜ過食をしているのかよくわからないという人は、過食を行っている目的について考えてみましょう。
過食をすることにより精神的に安心できたり、嫌なことを忘れることができると感じていると、過食をやめることが難しくなります。
食べ物の量によって精神的な安定を得ている状態では、簡単に食生活を改善しにくくなってしまうのです。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉もあります。過食に走る目的を見極めて、過食以外で気持ちが満たされることを見つけることが大切です。

過食が肌荒れを引き起こす仕組み

通常、口から摂取した栄養素は血液によって全身へと運ばれ、健康的な皮膚や器官などを作るために使用されます。
過食をすると、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?

大量の食べ物を消化するためには大きなエネルギーを消費します。
消化のための力が足りないと、消化不良を起こしてしまったり、腸内の環境が悪化して便秘を招きます。

また、大量に食べ物を口に運んでいると、十分に咀嚼しないまま飲み込んでしまいやすく、消化をするための内臓に負担をかけます。
内臓を酷使すると、皮膚にニキビやふきでものなどの影響があらわれやすくなってしまうのです。

さらに、便秘が起きて腸内環境が悪化すると、毒素を体外に排出する力が弱まってしまうため、皮膚の状態に悪影響を及ぼすと考えられます。
脂肪分や糖分をとりすぎると、ニキビの悪化にもつながるのです。

過食による肌荒れを防ぐ方法は?

過食による肌荒れを防ぐ方法は?

過食による肌荒れは腸内環境の悪化によって起こると考えられるため、ヨーグルトや発酵食品に含まれる乳酸菌や、腸内のゴミを排出しやすくする食物繊維を摂取することが大事です。

ひじき、のり、わかめなどの食物繊維を多く含む食品は、水にとけてカサを増やしたり水分を吸収する性質を持つため、意識して水分を摂取することが重要となります。
お茶やコーヒーのような飲料にはカフェインが含まれているため、対外へ水分を排出する作用を持っています。
飲みすぎるとかえって体内が水分不足に陥りやすくなるので、水や白湯などを1.5リットル程度飲むようにするといいでしょう。

しつこい便秘による肌荒れを防ぐためには、無糖の炭酸水を飲むこともおすすめです。
朝、起き抜けにコップ一杯の炭酸水を飲むと自然な便意が起きやすくなります。

また、過食をしそうになったら無糖の炭酸水を飲むようにこころがけると、自然に食欲がコントロールしやすくなるため、常に無糖の炭酸水を常備しておくことがおすすめです。
飲みきれなかった分は、炭酸水パックとして使用できますよ。

健康的な食生活を送ることは、肌のためにも重要です。
少しでも普段の食事を見直して、美しい肌を保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です