日焼け直後が大切! ダメージを残さないための日焼けアフターケア

日焼け直後が大切! ダメージを残さないための日焼けアフターケア

紫外線の強い季節がやってきました。
しっかり紫外線対策をしたつもりでも、思いがけない日焼けをしてしまうことはあるものです。
そんな時は正しいお手入れをしないと、しみやそばかす、色素沈着だけでなく、肌そのものを劣化させる原因に。
そこで、肌にダメージを残さないためのアフターケアについてご紹介します。

日焼け直後は、とにかく冷やす

日焼け直後は、とにかく冷やす

日焼けして赤くなった肌は、ヤケドをしているのと同じ状態です。
皮膚の表面が傷ついて炎症を起こしているので、まずは冷やすことが大切。
広い面積ならシャワーや冷たいお風呂などで熱を取りましょう。
そのあと、濡れたタオルや冷やした保冷剤をタオルで包んだもの、冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンに含ませてパックするなど、丁寧に冷やします。

ただ、濡れたタオルやコットンパックをそのままの状態で放置するのはNG。
体温や室温でタオルやパックの水分が蒸発し、肌表面の水分も奪って肌の乾燥が進んでいくからです。
冷たさを感じなくなってきたら、新しいものに取り換えましょう。
アイシングを止める目安は、ほてりを感じなくなるまでです。

落ち着いてきたら保湿を

ほてりがおちついてきたら、次は保湿をしましょう。
本来、皮膚表面には皮脂で薄く肌バリアができており、肌を乾燥やバイ菌の侵入から守っていますが、日焼けして赤くなった肌はこの肌バリアが壊れ、皮膚表面がガサガサになっている状態。
守るべき内側の細胞がむき出しになって、組織内からどんどん水分が蒸発し、カラカラに乾燥しています。
傷ついた細胞をいたわるためにも、化粧水などでたっぷり保湿をしたあとはしっかりクリームや美容液でフタをし、補給した化粧水の蒸発を防ぎましょう。

日焼けした肌は敏感になっているので、いつもの化粧水ではなく、敏感肌用のものを使うのがおすすめです。
日焼けの範囲が広ければ、それだけその場所から体内の水分が蒸発しています。
日焼け後は積極的に水分を取り、細胞の再生を促すために早く寝るようにしましょう。

お肌のコンディションを取り戻すケア

日焼けした肌は敏感です。
翌日以降も、なるべく日焼けした部分を紫外線にさらさないようにしましょう。
日焼け止めをしっかり塗り、日傘や羽織物なども使って、紫外線から肌を守るのがポイントです。

また紫外線で怖いのはシミ。
美白ケア用の成分は刺激が強いので、日焼けが落ち着いてきてから取り入れましょう。
それと同時に栄養バランスや規則的な生活を送るなど、内側から肌の再生を促してあげることも大切です。

もし日焼けしてしまったら、放置しないできちんとアフターケアをして、肌へのダメージを最小限に留めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です