日焼け直後が大切! ダメージを残さないための日焼けアフターケア

日焼け直後が大切! ダメージを残さないための日焼けアフターケア

紫外線の強い季節がやってきました。
しっかり紫外線対策をしたつもりでも、思いがけない日焼けをしてしまうことはあるものです。
そんな時は正しいお手入れをしないと、しみやそばかす、色素沈着だけでなく、肌そのものを劣化させる原因に。
そこで、肌にダメージを残さないためのアフターケアについてご紹介します。

日焼け直後は、とにかく冷やす

日焼け直後は、とにかく冷やす

日焼けして赤くなった肌は、ヤケドをしているのと同じ状態です。
皮膚の表面が傷ついて炎症を起こしているので、まずは冷やすことが大切。
広い面積ならシャワーや冷たいお風呂などで熱を取りましょう。
そのあと、濡れたタオルや冷やした保冷剤をタオルで包んだもの、冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンに含ませてパックするなど、丁寧に冷やします。

ただ、濡れたタオルやコットンパックをそのままの状態で放置するのはNG。
体温や室温でタオルやパックの水分が蒸発し、肌表面の水分も奪って肌の乾燥が進んでいくからです。
冷たさを感じなくなってきたら、新しいものに取り換えましょう。
アイシングを止める目安は、ほてりを感じなくなるまでです。

落ち着いてきたら保湿を

ほてりがおちついてきたら、次は保湿をしましょう。
本来、皮膚表面には皮脂で薄く肌バリアができており、肌を乾燥やバイ菌の侵入から守っていますが、日焼けして赤くなった肌はこの肌バリアが壊れ、皮膚表面がガサガサになっている状態。
守るべき内側の細胞がむき出しになって、組織内からどんどん水分が蒸発し、カラカラに乾燥しています。
傷ついた細胞をいたわるためにも、化粧水などでたっぷり保湿をしたあとはしっかりクリームや美容液でフタをし、補給した化粧水の蒸発を防ぎましょう。

日焼けした肌は敏感になっているので、いつもの化粧水ではなく、敏感肌用のものを使うのがおすすめです。
日焼けの範囲が広ければ、それだけその場所から体内の水分が蒸発しています。
日焼け後は積極的に水分を取り、細胞の再生を促すために早く寝るようにしましょう。

お肌のコンディションを取り戻すケア

日焼けした肌は敏感です。
翌日以降も、なるべく日焼けした部分を紫外線にさらさないようにしましょう。
日焼け止めをしっかり塗り、日傘や羽織物なども使って、紫外線から肌を守るのがポイントです。

また紫外線で怖いのはシミ。
美白ケア用の成分は刺激が強いので、日焼けが落ち着いてきてから取り入れましょう。
それと同時に栄養バランスや規則的な生活を送るなど、内側から肌の再生を促してあげることも大切です。

もし日焼けしてしまったら、放置しないできちんとアフターケアをして、肌へのダメージを最小限に留めましょう。

夏の肌トラブルは隠れ乾燥が原因かも!? 夏の保湿対策について

夏の肌トラブルは隠れ乾燥が原因かも!? 夏の保湿対策について

夏になると顔がテカる、化粧崩れが起こる、毛穴が開くなどは季節柄、仕方がないことなのでしょうか?
実はこうした夏特有のお肌の悩みの裏には、「隠れ乾燥」が関係していることがあります。
表面は皮脂が出てうるおって見えても、肌の奥は水分不足に陥っていることがあり、そうした隠れ乾燥は夏場に多いといわれています。
そこで、隠れ乾燥と夏にしておきたい保湿対策についてご紹介します。

隠れ乾燥が招くトラブル

隠れ乾燥のことは、別名インナードライともいい、表面は皮脂が出てうるおっているように見えるのに、肌の奥はうるおい不足に陥っている肌のことを指します。
表面がうるおっているので、保湿は足りているように感じますが、内部にうるおいが足りなければ、肌のハリを保つ土台が弱まり、全体的にたるんできたり、疲れて見えるように。

また、しわやほうれい線などの原因にもなります。
毛穴が開きやすいので、化粧崩れやテカリ、毛穴の黒ずみ、吹き出物なども招きやすくなります。
「夏だから皮脂が増えるのはしかたがない」「暑いからちょっと疲れて見えるのね」と思い込み、保湿対策を疎かにしてしまうと、内部の乾燥はどんどん進んで大切なお肌の土台がスカスカになっていくので注意が必要です。

「お肌がごわごわする」「表面はうるおっているのに肌がつっぱる感じがする」「オイリー肌用のスキンケアをしているのに効果が実感できない
という場合は隠れ乾燥肌の可能性があります。

なぜ隠れ乾燥が起こる?

なぜ隠れ乾燥が起こる?

隠れ乾燥の原因は、気温と紫外線です。
気温が上がり、紫外線が強まってくるとお肌の水分は蒸発を始めます。
これを防ごうとお肌は皮脂を分泌して肌表面にバリアを作るのですが、これを脂性肌と勘違いしてさっぱり系のスキンケアに変えてしまうことで、隠れ乾燥が進むのです。

内部の乾燥を食い止めるために皮脂を出しているのに、バリアとなる皮脂を洗い流すことでバリアを失ったお肌の乾燥はますます進み、これを食い止めようとさらに皮脂を分泌します。

さらに、顔がベタつくからと乳液やクリームを省くだけでなく、油取り紙や皮脂対策の化粧品を使えば、皮膚内の水分は蒸発はますます加速。
バリアとなる皮脂が足りていないと体は勘違いしてさらに皮脂を分泌、内部の乾燥は進む一方に。
顔のベタつきやテカりが脂性肌ではなく隠れ乾燥だと気づかなければ、悪循環を断ち切ることができないのです。

夏にしておきたい保湿対策

隠れ乾燥にならないためには、夏であっても保湿ケアをしっかりする必要があります。
ベタつくからとさっぱり系のスキンケアではなく、保湿力があるものを使いましょう。

化粧水のあとは、お肌の水分の蒸発を防ぐためにクリームや美容液を忘れずに。
お肌に水分を保つ働きをするセラミド配合のスキンケア商品を選ぶのも良いですね。

また、紫外線もお肌を乾燥させる原因の一つ。
紫外線が強くなる夏場は、日焼け止めを塗る、帽子や日傘を持って出るなど、しっかりUV対策をすることも大切です。

さらに、ベタついてきても油取り紙の使用はやめましょう。
皮脂を除去すると、隠れ乾燥を悪化させる原因になります。
ベタつきが気になる時は、ティッシュで抑えると皮脂を取りすぎなくて済みますよ。

夏は、お肌が乾燥しやすい季節。
お肌の奥が水分不足にならないよう、暑い季節でもしっかり保湿をして、お肌のコンディションをキープしましょう。