肌荒れは皮脂が原因かも? 皮脂を放置するデメリット

肌荒れは皮脂が原因かも? 皮脂を放置するデメリット

なかなか治らない肌荒れ、辛いですよね。
皮脂との付き合い方を間違えれば、肌荒れの原因になりかねないことをご存じですか?
美肌のためにさまざまな美容方法を試しているのに効果が現れないという場合、皮脂に原因があるかもしれません。
皮脂の役割や、古くなった皮脂が肌に与える悪影響についてご紹介します。

皮脂の役割

皮脂は、水分の蒸発を防いで皮膚をなめらかな質感に保ったり、細菌やウイルスといった外部の刺激から肌を守るために分泌されます。
皮脂量が少なければ肌の水分バランスが乱れて乾燥肌を招きますが、反対に多すぎても脂性肌となってしまいニキビや毛穴詰まりなどのトラブルを招きます。

乾燥やしつこいニキビなどの肌トラブルがなかなか改善しない人は、クレンジングや間違った洗顔による皮脂の取り除きすぎ、あるいは古くなった皮脂を適切に除去できていないことが原因のひとつであると考えられます。

皮脂の分泌量は年齢を重ねるとともに減少する傾向があるため、年を取るにつれて肌荒れが起きやすくなると考えられます。
こういったことから、肌の状態に合ったスキンケアを行うことが大切です。

古い皮脂を放置するデメリット

皮脂の主成分は、ワックスエステル、スクアレン、トリグリセライドスクワランなどの脂肪酸です。
脂肪酸は油分を構成する物質であり、空気に触れた状態が長時間続くと酸化がすすんで古くなっていきます。

食品の油脂を放置しておくと、時間の経過とともに嫌なにおいが発生したり、黒ずんだりしますよね。
皮脂も長時間放置しておくと性質が変化して、毛穴をふさいでニキビやふきでものの原因となったり、肌が敏感な人は古くなった皮脂が原因で接触性皮膚炎などの病気へと発展することもあります。
接触性皮膚炎は赤みやかゆみなどとともに、水泡を伴う湿疹となって肌に現れます。

それだけでなく過剰な皮脂が浮いている肌に、強烈な紫外線が降り注ぐことで大きな刺激となって悪化することがあるため、注意しましょう。

正常な皮脂を保つには

0615_02
 
肌質に個人差はあるものの、気温が高いときほど皮脂が酸化する速度が高まるといわれています。
皮脂が酸化しているかもしれないと感じたときは、皮脂のにおいに注目してみましょう。

皮脂が古くなっていると、新しい皮脂にはないにおいを感じるはずです。
また、新しい皮脂は無色透明ですが、古くなると黄色っぽくくすんだ色がつくため、ひとつの目安になります。

さらに、乱れた食生活や不規則な生活習慣によって肌のターンオーバーが乱れると、古くなった皮脂を押し出す力が弱まって、肌荒れの原因となります。

過剰な皮脂が出ている場合は、肌が水分不足に陥っている可能性があるため、日常生活で水分をよくとるようにしたり、保湿力の高い化粧品を使用して肌が水分を保ちやすい環境をつくることが大切です。

皮脂をそのままに放置せず適切なケアを行い、肌荒れを予防しましょう!