角栓の種類ごとの対策法とは?

角栓の種類ごとの対策法とは?

毛穴に詰まった角栓は、ざらつきやくすみの原因にもなり見た目にも決して良いものとはいえません。
「何とか角栓を改善させて透明感のある素肌を手に入れたい!」とがんばっている人も多いのではないでしょうか。
そんな角栓にも種類があるということをご存知ですか?
今回は、角栓のタイプに合わせた対策法を取ることが大切なことをお伝えします。

ざらつきの原因にもなる白い角栓

肌の表面にぷつぷつと見えている白い角栓。
これは、肌の汚れが毛穴に詰まって蓄積したことが原因でできる角栓です。
皮脂の分泌が活発な鼻や頬にかけてできやすいことが特徴です。
洗顔が不十分だと、排出されるはずの皮脂が毛穴の中で詰まり、固まってしまいます。

これを防ぐには正しい洗顔とスキンケアがポイントとなります。
メイクをしている場合は、肌に合ったクレンジングでやさしくオフし、たっぷりの泡で包み込むように洗顔をしましょう。
乾燥が進むと肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌させてしまうため、保湿をしっかりと行うことも白い角栓を防ぐ効果があります。

小鼻にできやすい黒い角栓

小鼻にできやすい黒い角栓

鼻の周りにできやすい黒い角栓は、白い角栓が酸化して黒ずんでしまったもの。
白い角栓と比べて見た目が悪く、小鼻の黒ずみの原因にもなってしまいます。
黒い角栓をそのままにしておくと、毛穴の広がったままになってしまうこともあります。

黒い角栓のケアは、いつものケアにひと手間をプラスしましょう。
まずは蒸しタオルで毛穴をしっかりと開くことがポイントです。
そのあと、オリーブオイルやココナッツオイルなど酸化しにくいバージンオイルでクルクルとマッサージをします。
ティッシュで軽くオフしてから、たっぷりの泡で洗顔をしましょう。

固いコメドも毛穴を広げる原因に

まだ肌の表面に出てきていない白い角栓のことを「微細コメド」といいます。
コロコロとしたものから、少しふくらみを感じる程度のものまで、大きさはさまざまです。
これも放っておくと、ニキビや毛穴を広げてしまう原因になるので、きちんとしたケアが大切です。

ひとつは日ごろから血行を促進させるようなケアをすること。
リンパマッサージや蒸しタオルは有効です。

また食生活も角栓を作りにくくするためには、大きなポイントとなります。
揚げ物やスナック菓子、ケーキなどの甘いものを過剰に摂りすぎることで、肌の酸化が進むことも。
野菜や果物、肉や魚などをバランスよく食べることで、角栓のない健やかな肌をキープすることができます。

このように、角栓に応じた正しいケアを行ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です