まつ毛も乾燥する! スカスカまつ毛にならないためには

まつ毛も乾燥する! スカスカまつ毛にならないためには

空気が乾燥するとお肌も乾燥が気になり始めます。
肌が乾燥を感じると、高保湿のスキンケア化粧品を使ったりパックをしたりと、念入りにお手入れをする人も多いでしょう。

しかし乾燥するのはお肌だけではありません!
お肌同様まつ毛も乾燥することを知っていますか?

そこで今回は、スカスカまつ毛にならないためのまつ毛ケアについて紹介します!

まつ毛を乾燥させる原因は

まつ毛を乾燥させる原因は

まつ毛もお肌や髪の毛と同じように乾燥します。
空気が乾燥することや摩擦による刺激も原因ですが、大きな原因として考えられるのが、洗顔時のお湯の温度。
これがまつ毛を乾燥させてしまう大きな原因です。

まつ毛の乾燥が続くとまつ毛が抜けやすくなり、時には伸びきる前に抜けてしまうことも。
乾燥したまつ毛だと、メイク時のビューラーの刺激でごっそり抜けてしまう、ということも珍しくありません。
放っておくと、ボリュームのないスカスカまつ毛になってしまう恐れも十分ありえます。

メイクをしっかりとオフしよう!

まつ毛の乾燥を防ぐためにもっとも重要なのが、まつ毛の毛穴をきれいにしておくことです。
毛穴がいつもきれいな状態であれば、少しくらい乾燥していてもすぐにまつ毛が抜けてしまうということはありません。
それにはメイクをしっかりとオフすることが重要です。

ただ「アイメイクはこってり!」という人も多いですよね。
アイメイクは一般的なクレンジングでは落ちにくいという特徴があります。
ポイントメイク専用のリムーバーを使って、綿棒やコットンを使って目の際まで丁寧にオフしましょう。

まつ毛美容液は効果的!

まつ毛の汚れをきちんとオフしたら、保湿ケアをしましょう。
まつ毛は体毛のひとつなので、スキンケア化粧品では不十分なこともあります。
まつ毛専用の美容液を使うことで、まつ毛の乾燥をしっかりと防ぎ発毛や育毛のサポートをしてくれます。
毎日メイクでダメージを受けているまつ毛に栄養を与えて、キューティクルを修復させてあげることで、生き生きとしたまつ毛を作り出すことができます。

日ごろからまつ毛をいたわろう

他にも、まつ毛を乾燥から守るために気を付けたいポイントがあります。
部屋の空気を乾燥させないように、一定の湿度を保つことも有効です。

また、毎日行う洗顔は肌にやさしい温度で行うことも大切です。
さらに、マスカラを落とす時に指でまつ毛を引っ張ったり、強くこすったりしないようにしましょう。

スカスカまつ毛を防止するためにも、毎日の習慣を見直すことから始めてみてくださいね!

角栓の種類ごとの対策法とは?

角栓の種類ごとの対策法とは?

毛穴に詰まった角栓は、ざらつきやくすみの原因にもなり見た目にも決して良いものとはいえません。
「何とか角栓を改善させて透明感のある素肌を手に入れたい!」とがんばっている人も多いのではないでしょうか。
そんな角栓にも種類があるということをご存知ですか?
今回は、角栓のタイプに合わせた対策法を取ることが大切なことをお伝えします。

ざらつきの原因にもなる白い角栓

肌の表面にぷつぷつと見えている白い角栓。
これは、肌の汚れが毛穴に詰まって蓄積したことが原因でできる角栓です。
皮脂の分泌が活発な鼻や頬にかけてできやすいことが特徴です。
洗顔が不十分だと、排出されるはずの皮脂が毛穴の中で詰まり、固まってしまいます。

これを防ぐには正しい洗顔とスキンケアがポイントとなります。
メイクをしている場合は、肌に合ったクレンジングでやさしくオフし、たっぷりの泡で包み込むように洗顔をしましょう。
乾燥が進むと肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌させてしまうため、保湿をしっかりと行うことも白い角栓を防ぐ効果があります。

小鼻にできやすい黒い角栓

小鼻にできやすい黒い角栓

鼻の周りにできやすい黒い角栓は、白い角栓が酸化して黒ずんでしまったもの。
白い角栓と比べて見た目が悪く、小鼻の黒ずみの原因にもなってしまいます。
黒い角栓をそのままにしておくと、毛穴の広がったままになってしまうこともあります。

黒い角栓のケアは、いつものケアにひと手間をプラスしましょう。
まずは蒸しタオルで毛穴をしっかりと開くことがポイントです。
そのあと、オリーブオイルやココナッツオイルなど酸化しにくいバージンオイルでクルクルとマッサージをします。
ティッシュで軽くオフしてから、たっぷりの泡で洗顔をしましょう。

固いコメドも毛穴を広げる原因に

まだ肌の表面に出てきていない白い角栓のことを「微細コメド」といいます。
コロコロとしたものから、少しふくらみを感じる程度のものまで、大きさはさまざまです。
これも放っておくと、ニキビや毛穴を広げてしまう原因になるので、きちんとしたケアが大切です。

ひとつは日ごろから血行を促進させるようなケアをすること。
リンパマッサージや蒸しタオルは有効です。

また食生活も角栓を作りにくくするためには、大きなポイントとなります。
揚げ物やスナック菓子、ケーキなどの甘いものを過剰に摂りすぎることで、肌の酸化が進むことも。
野菜や果物、肉や魚などをバランスよく食べることで、角栓のない健やかな肌をキープすることができます。

このように、角栓に応じた正しいケアを行ってくださいね!