顔や毛穴の「黒ずみ」その原因はひとつじゃない!

顔や毛穴の「黒ずみ」その原因はひとつじゃない!

鼻のまわりやおでこ、頬などに黒ずみができてしまう、というお悩みはありませんか?
実は、お肌の黒ずみにはさまざまな原因があり、原因ごとに対策も変わってきます。
自分のお肌の状態をきちんと見極め、適切なケアをすることが大切なのです。
黒ずみのないお肌をキープするために知っておきたい、原因と対処法をご紹介します。

原因1:毛穴の広がり

お肌の毛穴が気になるという場合に考えられるのが、毛穴の広がりによる黒ずみ。
お肌が乾燥していたり、充分に保湿ができていなかったりすると、毛穴は広がって目立ちやすくなります。

毛穴が広がりすぎるとお肌はでこぼことしてしまい、細かい影ができることによって黒ずんで見えやすくなるのです。

洗顔後にきちんと保湿をしたり、お肌の表面をフラットに整えてくれる「グリシルグリシン」の入った肌ケア用品を使ったりするのが効果的なケア方法です。

原因2:毛穴の詰まり

皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、分泌と新陳代謝のバランスが崩れて毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
皮脂や古い角質、落としきれないメイク、空気中のホコリなどが毛穴に詰まってしまうと、顔に黒ずみができてしまうのです。

こういったタイプの黒ずみは、クレンジングでメイクをきちんと落とし、洗顔と保湿でお肌を整えることで改善していきます。
ピーリングやパック、酵素洗顔などのスペシャルケアも時折取り入れて、毛穴の詰まりを防止しましょう。

原因3:うぶ毛

うぶ毛

お肌が黒ずんで見える原因はお肌の表面に生えている細かいうぶ毛、というケースも。
眉のまわりや小鼻のまわり、口のまわりなどに細かいうぶ毛が生えていないか、よく確認してみましょう。

うぶ毛を剃るだけでもお肌の黒ずんだ感じが無くなってクリアに見えることがあります。
うぶ毛処理をするときには肌荒れに気をつけ、きちんと保湿をすることが大切です。

原因4:メラニン、色素沈着

紫外線によるダメージを受けると、お肌の内側ではメラニン色素が増えてしまいます。
メラニンは日焼けやシミの原因となる色素で、一度メラニンによってお肌が黒ずんでしまうと元の状態に戻すのはとても大変。
さらに、お肌をケアしすぎたり代謝が悪かったりという場合にも色素は沈着してお肌が黒ずんでしまいます。

こういった黒ずみは、お肌の奥のメラニン色素に働きかける作用のある化粧品を使い、根気よくケアしていく必要があります。
もちろん徹底的に紫外線対策をすることも、お肌の黒ずみを防ぐための大切なポイントです。

お肌が黒ずんでしまう原因を知り、適切に対策をすればクリアな素肌を保つことができますよ。
さっそく今日から始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です